タイ移転価格税制サービスのご案内

移転価格税制(Transfer Pricing Taxation)とは、多国籍企業の国境を跨いだ関連会社間の取引(商品取引、役務提供、無形資産取引、融資およびリース取引等)を利用した、税率の低い国への不合理な利益移転を是正する税制です。近年の各国における税収不足を補うため政府は運用を厳格化してきており、多国籍企業は、クロスボーダー取引やグループ企業の税務戦略の設定において、移転価格税制による課税リスクを認識し、事前に対策を講じる必要があります。

2016年11月28日

タイにおいても、すでに税務当局は重点項目として移転価格税制の調査を強化しています。さらに、タイ内閣は移転価格関連の税務調査を容易にするため、企業への移転価格報告書の提出義務を課す新税法の法案を策定しています。したがって、タイへ進出されている日系企業に皆さまにおいても、事前に、十分な移転価格税制への対策を講じておくことが必要です。

Mazars Thailandでは、移転価格税制ついて皆さまにさらに見識を深めていただくために本資料を作成しました。また合わせて弊社の移転価格税制関連のサービスについても案内しております。この資料で扱うトピックは次のとおりです。

  •  タイにおける移転価格税制
  • 移転価格の税務調査の要因となりうるケース
  • 移転価格税法は発効される前に準備すべきこと
  • Mazarsの移転価格関連サービス

日本語の資料はこちらよりダウンロードいただけます。

Downloads

Share