タイ税務改正動向 :PromptPayによる法人税還付手続き

歳入局は、タイ政府の「電子化」推進及び法人納税者の利便性向上にため、いままで銀行送金や小切手にて行われていた法人税の還付を、2020年5月より電子決済スキームPromptPay(※)のアカウントで受領できることを発表しました。

PromptPayを利用して還付金を受領するには、以下条件を満たす必要があります。

  • PromptPayのアカウント登録を完了している
  • 還付金額は100百万バーツ未満である
  • 法人ステータス(運営中、解散手続き中、清算済み等)に変更がない

上記条件を満たさない場合でも、これまで同様に銀行送金や小切手にて還付金受取が可能です。

PromptPay(※)・・法人はTax ID(通常は法人登記番号と同一)、個人は携帯電話番号又はタイ国民IDカード番号を銀行口座に紐づけ、それらの番号/IDのみを利用して、資金決済を可能とする電子決済スキーム。

他のニュースレターはこちらからご覧いただけます  

(2020年5月作成)

 

免責事項

本記事は、作成日時点でのタイの法律等改正動向や一般的な解釈に関する情報提供を目的としております。内容については、正確性を期しておりますが、正確性を保証するものではなく、また作成後の法律改正等により最新の情報でない場合もあります。本記事の利用は、利用者の自身の判断責任となり、利用により生じたいかなるトラブルおよび損失、損害に対してMazarsは一切責任を負いません。個別の具体的な案件を進める場合には、事前に専門家へご相談頂きます様、お願い申し上げます。

Want to know more?