法務論点解説 :時間外労働の上限

タイ労働者保護法上、雇用者は従業員へ雇用契約で定められた労働時間以外の時間帯や休日・祝日に労働(以下「時間外労働」とします)させることはできません。しかしながら、以下いずれかの業務に当てはまる場合は、その都度、事前に従業員の同意を取得することにより時間外労働を指示することが出来ます。

  1. 事業上の必要性がある業務で、当該業務を行わないことにより損失が発生する場合
  2. 緊急性の高い業務
  3. 省令に基づく業務

しかしながら、労働者保護の観点から、労働省通達Ministerial Regulation No. 3 (2541 B.E.)により、1週間の時間外労働の合計は36時間以内に制限されています。もし制限を超過した場合、従業員との事前の合意の有無にかかわらず、雇用者は罰則の対象となります。また上記制限に反する内容を含む雇用契約を結んだ場合、当該条項は無効とされ、さらにそのような雇用契約を結んだ雇用者は罰則の対象となります。

従業員に時間外労働を指示する際はご留意ください。

 他のニュースレターはこちらからご覧いただけます

 (2019年11月作成)

 

免責事項

本記事は、作成日時点でのタイの法律等改正動向や一般的な解釈に関する情報提供を目的としております。内容については、正確性を期しておりますが、正確性を保証するものではなく、また作成後の法律改正等により最新の情報でない場合もあります。本記事の利用は、利用者の自身の判断責任となり、利用により生じたいかなるトラブルおよび損失、損害に対してMazarsは一切責任を負いません。個別の具体的な案件を進める場合には、事前に専門家へご相談頂きます様、お願い申し上げます。